トップ > 当社について

Home
当社について
Fujiのモノづくり
製材機械
工作機械
バイオマス発電
マップ
お問い合わせ
english
社名 株式会社 富士製作所
所在地 〒410-0033
静岡県沼津市杉崎町11番11号
TEL (055) 921-2233
FAX (055) 921-2239
E-mail info@fujiseisakusholtd.co.jp
連絡所 名古屋・大阪・広島・九州
海外代理店 パンサラワク(マレーシア)
創業 1918年11月3日
設立 1938年3月5日
代表者 田中 清明
資本金 3,000万円
工場敷地
及び社有地
4,680平方米+19,012平方米
建物 工場(鉄筋コンクリート) 896.5平方米
事務所 他 469.3平方米
取引銀行 三島信用金庫 沼津支店
静岡銀行 沼津支店
1. 製材機械の製造・販売
2. 工作機械の製造・販売
3. 産業機械の製造・販売
4. バイオマス関連商品の輸入販売
5. 不動産の賃貸
6. 前各号に付帯する一切の事業


本社

大正7年(1918年)
創業者田中清一(明治25年9月3日〜昭和48年11月27日)が「大阪製材機工作所」の商号にて、大阪市西区石田町に工場を創立し「帯鋸製材機械」を製造開始。

大正13年(1924年)
工場を大阪市木津川町1丁目1番地へ移転し、製品を全国各地製材工場に納入。

昭和6年(1931年)
静岡県清水市袖師海岸に分工場を建設し、商号を「富士製作所」と改称。この年、初の海外市場へ進出し、また、工作機械部門を拡充。

昭和13年(1938年)
田中清一の個人経営を株式組織に改め、「株式会社富士製作所」と改称し、初代社長に田中清一が就任。

昭和25年(1950年)
「工作機械部門」では油圧式平削り盤、ラジアルボール盤、強力型旋盤の3種類を柱に生産を再開。

昭和30年(1955年)
日本初のオートメーション製材工場プラント1式を開発納入し、製材工場オートメ-ション化の新時代を開いた。この年、日本初のワンマン自動送材車を開発。

昭和35年(1960年)
平削り盤は従来「片持型」を生産してきたが、この年「門型」を開発し販売開始。

昭和41年(1966年)
片持型シェーパープレーナー「FKS8070-200」を開発し、好評の「油圧式門型平削り盤」と共に国内大手企業に多数納入。

昭和45年(1970年)
ツイン自動テーブル帯鋸盤を開発。

昭和48年(1973年)
フライス複合平削り盤を開発。

昭和51年(1976年)
米国ニコルソン社と技術提携。

昭和55年(1980年)
コンピュータ制御の自動テーブル帯鋸盤を開発し、業界のコンピュータ化の道を開拓。

昭和56年(1981年)
ベット研削用の精密平面研削盤を開発し研削盤業界へ進出。

昭和60年(1985年)
中国林業部信陽木工機械庁と「帯鋸盤技術譲渡契約」を締結。

平成1年(1989年)
プレカット加工機を開発。

平成5年(1993年)
ノーマンツインバンドソーを発売。ノーマンシリーズ化を開始。

平成6年(1994年)
アメリカの金属探知器メーカー、メタルディテクター社の日本総代理店を開始。

平成8年(1996年)
新社屋完成。工場を増設。

平成10年(1998年)
創業80周年を迎える。

平成13年(2001年)
バイオマスエネルギー分野に着手。

平成14年(2002年)
自動燃焼ユニット(英国製)を販売開始。

平成15年(2003年)
片持シェーパープレーナーのテーブル長7mを開発。

平成16年(2004年)
新事務所棟完成。

平成17年(2005年)
新型ノーマンツインバンドソー(FS-15TWL-V型)を納入。



静岡県沼津市杉崎町11番11号
TEL(055)921-2233 FAX (055)921-2239